企業の経営にとってビジネスを拡大することは重要なことですが、それ以上に気を配るべきこととして営業を止めないということがあります。平時であれば問題が生じることはあまりありませんが、地震などの大規模な災害やインフルエンザなどの感染症といった社会的な危機が発生した場合であってもいかに業務を継続できるかを常日頃から検討しておく必要があります。そのような一連の検討と対策は一般に危機管理とは呼ばれており、近年の企業経営においては欠かすことのできない経営課題となっています。特に、公共交通機関や金融機関などの社会インフラを担う企業においてはその重要度は一層高いものがありますが、一般企業だからといっておろそかにしてよいテーマでは決してありません。

危機管理における対策方法とは

では具体的な危機管理の手法ですが、業務継続計画を立てることが標準的な手法です。英語でBusiness Continuity Planといい、略してBCPと呼ばれることも多いですが、あらかじめ危機が発生した場合の行動規範を明確にしておくことによりスムーズに営業を継続するというのが業務継続計画の考え方です。計画策定にあたっては、具体的に発生する危機の内容を想定したうえで、自社の業務のうち重要度の高いものを洗い出してそれを止めないためにいかなる対応が可能かを検討することがポイントです。場合によっては自宅勤務を認めたり、代替オフィスを用意するといったことも対応に含まれるでしょう。しっかりした計画を立てておけば何かあっても安心できるはずです。

BCP対策とは地震や洪水などの災害時に非常時マニュアルを日常から作っておき、自社の被害を最小限に抑えることです。