今後お墓の手入れをしてくれる人がいない、または宗教上の理由や金銭的な負担の軽減などから墓じまいが着目されています。墓じまいとはお墓の解体、撤去を行い、墓地の永代使用権を寺院や霊園に返上をすることを指します。無縁墓となり地方自治体や寺院に墓を撤去されるのではなく、現在の後継者が墓じまいの手続きを行います。きちんと手続きをして墓じまいをすることで、ご先祖様に対しても後悔やわだかまりなどの気持ちを感じずに済みますし、遠方に住んでいる親族の負担の軽減にもつながります。墓地を提供する霊園や寺院も、汚れたお墓をいつまでも放置しなくて済みますから多方面でのメリットが見込めます。

親族と相談して納得のいく選択を

墓じまいを行うにあたって、まず管理者に連絡をして墓じまいを行う了承を得ます。次に抜魂式や遺骨の取り出しをして供養を行います。その後お墓を解体、撤去していきます。通常、墓地は更地にして返します。墓じまいを行った後、改めてお墓を建てる予定がある場合は改葬許可証を発行してもらう必要があります。改葬許可証の申請書は役所にありますから、そちらに必要事項を記入し役所に提出しましょう。改葬受け入れ先の確認のために、証明書の提出を求められる場合もあります。必要な書類は自治体によって異なりますので事前に確認しておくと安心です。永代供養を行う場合も場所や埋葬方法が変わるため改葬許可証が必要で、永代供養をしてもらう相手に改葬許可証と遺骨を渡します。墓じまいの後どうするかの選択肢は家によってさまざまです。親族と十分相談した上で納得のいく選択をしましょう。

お寺にある遺骨を他の場所へ移す場合には、「離檀料」という費用がかかります。「離檀料」には、お寺に対する感謝の意味も込められています。墓じまいの費用の相場は約10~20万円です。