Tシャツのデザインを自分で決める際の注意点

オリジナルTシャツは既製品には無い、自分だけのデザインを形に出来るのが大きな魅力です。無地のTシャツを下地にするので費用を少なく抑えることが出来るのも利点の一つですが、デザインを決める際は第三者の著作権や肖像権を侵害しないように注意する必要があります。インターネット上のフリー素材を転用する方法もありますが、他の人が作ったTシャツと重複してしまう可能性もあるので、出来るだけ自分で考えたデザインを取り入れるのがTシャツ作成の醍醐味です。また、実際に作成する際は専門業者に依頼することになりますが、同じ作業でも業者によって費用が異なる他、仕上がりの良し悪しも変わってくるので慎重に判断します。

オリジナルTシャツを長く着続けるための工夫

出来上がったTシャツは自ら着用するのが本来の目的ですが、Tシャツは薄い生地で作られているので年月の経過と共に傷みが生じます。また、洗濯を繰り返すことで色落ちや生地の摩耗に見舞われることもあるので、取り扱いには注意が必要です。自作のTシャツを長持ちさせるためにはおしゃれを楽しみたい時だけに着るなど、目的を考えて着るように努めることが大切です。また、洗濯の際も生地を傷めないように洗濯機の機能を調節し、洗剤の使用も少量に留めます。自作用のTシャツについても生地が厚く頑丈な作りの製品を選ぶことで劣化を遅らせることが出来るので、お気に入りの一着を作る際は長持ちさせることを前提に準備を進めるのがおしゃれを楽しむ心得です。

チームの絆を一層深めたいならオリジナルTシャツがあります。作成には時間がかかるため時間に余裕を持って申し込むと良いです。