ネームタグの利便性と扱い方

ネームタグは対象物の名称や所有者の氏名を記載するために取り付ける備品の一種です。また、市販の製品によっては材質や製造メーカーを記載する目的で縫い付けられていることもあります。ネームタグを取り付けることで材質や所有者の名前をすぐに確認出来るので、必要な製品をすぐに選べることや取り違えを予防出来る利点があります。ネームタグを使う際は記載内容が対象の物品に適していることを確認したうえで、外れにくい方法で取り付けます。脱落を防ぐために補強を施して取り付けることも出来ますが、ネームタグを取り外すときに手間がかかるので注意が必要です。また、物品の形状や材質によっては取り付けることが出来ない物もあるので併せて注意します。

ネームタグを自作する際のポイント

ネームタグの自作は必要な情報を明確に提示出来る他、独自のデザインでオリジナル性をアピール出来るのがメリットです。自作する際は素材の選び方から取り付ける位置、方法に至るまで十分に考慮したうえで実施するのが長持ちさせる条件になります。また、無関係な第三者が見てもひと目で理解出来る表現で記載することが重要なので、予めタグ作りを練習しておくのが綺麗に仕上げる工夫です。ネームタグの取り付けは接着や縫い付け、補助具を使った結合など様々な方法があります。扱いが容易で紛失や破損などのトラブルに対して迅速い対応出来る方法を選ぶのが良好な状態で使い続ける条件です。初心者であれば市販のネームタグ作成キットを手順通りに加工することで、安全性と内容の分かりやすさが両立している仕上げにすることが出来ます。

ネームタグとは製品の製造や販売などの責任を示した札のことを言います。または自分のカバンや持ち物に名前入りの下げ札をつけることにより、紛失防止にもなる効果があります。